ビジネスローンのメリットとデメリットはなに?

資金繰りに悩んだ法人、個人事業者が借り入れ先として考える選択肢の一つが事業者金融だと思います。

事業者金融のビジネスローンはノンバンク系に分類されています。
ノンバンク系である事業者金融のビジネスローンのメリット、デメリットはどのようなものなのでしょうか。

事業者金融のビジネスローンのメリットとしては、融資までの速度が銀行や日本政策金融公庫(国金)よりも早いということ、また、銀行と比べると審査に通過する可能性が高い、担保や保証人が不要で借りれるところです。

逆に事業者金融のビジネスローンのデメリットは、金利が高かったり、限度額が低かったり、るいは、たまに事業融資詐欺を生業とする悪徳業者が潜んでいるということが挙げられます。

法人、個人事業者の方が資金繰りに困ったときに、事業者ローンの利用を検討するのは良いアイディアだと思いますが、事業者金融からお金を借りるときは、デメリットについて気をつけましょう。

さて、事業資金ではなく、生活費や遊興費などの資金の借入をしたいという方は、お金借りる即日が役立ちます

こちらの金融比較情報サイトで、キャッシングローン商品の利用を検討することがオススメです。
使い道自由のキャッシングローンを利用するなら、こちらサイトの情報を参照して、借り入れ先を検討すれば、お得な借り入れができるかと思いますよ。

特に消費者金融のキャッシングローンについては、安定的な収入を持っている方ならば、アルバイト、自営業、パート主婦の方でも借り入れができる可能性があります。
絶対にお金を借りれると断言することはできませんが、お金に困ったときは申し込んでみると良いのではないでしょうか。

カテゴリー: 金融 | コメントする

親にお金を借りる前に考えて下さい。

お金が無いから借りよう。
友達だと言いにくいから親に借りよう。

こんな安易な考え方で未だに親のスネをかじっている人はいませんか?

確かに、親にお金を借りれば利息などは払わなくて済みますし、
支払い期限などもないのである時に返せばいいので楽ですよね。

でも、本当にそれでいいのでしょうか?

若いうちはそれでも良いとは思うんです。
でも、ある程度歳を重ねると親からお金を借りているなんて誰にも言えませんよね。

仕事をしているならともかく、
仕事をしていなく親からお金を借りている人がいたら考えを改める必要があると思います。

即日融資来店不要のキャッシングサイトをご覧になってみて下さい。

今ではこういったキャッシングサービスを行っている会社がたくさんあります。
でも、仕事をしていないとキャッシングサービスを利用することは出来ません。

キャッシングをするということも決して良いこととは言えませんが、
親からお金を借りているよりも、自分で仕事をしてキャッシングサービスを利用している方が何百倍も大人ですよね。

まずは自分で働いてお金を稼ぎ、自分でお金のやり繰りをするところからはじめてみて下さい。

今日もお金が無くて親から借りればいいや…
と思われていた方は先ほどのキャッシング情報サイトを見て、
自分でお金のやり繰りをするよう努力をしてみましょう。

今無職であればまずはアルバイトでも良いので働くことですね。
キャッシングはアルバイトでも利用出来ます。

カテゴリー: 金融 | コメントする

無利息サービスってなに?

給料日まで残り数日、しかし財布の中にお札が見当たらない…。ということってありませんか?
恥ずかしながら私はよくあります(笑)
そんなときに限って仲のいい友人からはもちろん、久しく会っていなかった友人から「明日暇?久々に飲もうよ!」なんて誘いがあるものです。
更には自分の好きなアーティストのライブなんかも重なったりしてしまって…。
そうなると「あー!全部あと数日後だったらお金に余裕があるのに!」と部屋で一人虚しく天井を見上げる羽目になってしまいますよね。

そんな時に便利なのがキャッシングなんです!
いや、キャッシングってよく分からないけど大した説明もされず、そのうち返済に困って大変なことになるんじゃ…と思っている方たくさんいらっしゃると思います。
しかし実際のキャッシングはそういったイメージとは差異があります。
それぞれの消費者金融各社では分からないこと、不安に思うことがあれば的確・丁寧に対応してくれる所がほとんどです。
なのでしっかりとシステムを把握できていれば非常に便利で安心・安全にお金を借りることができます。

前述したようなピンチの場合、私がオススメしたいのは「無利息サービス」をうまく利用することです!
お金を借りるというからにはやはり当然ながら利息がかかってきます。
しかし最近では「アコム」や「モビット」をはじめとした多くの消費者金融で無利息期間のサービスを行っています。
どういうことかと言うと、その名の通り一定の期間といった条件はありますが、その期間内であれば利息が発生しないというサービスなのです!
これを利用すれば先ほどのようなピンチの時、安心してすぐにお金を借りることができて友人ともいい関係を築け、楽しい生活を送れると思います。
無利息サービスには各社特徴、条件等がありますが、こちらのサイト(アコム在籍確認)ですぐにそれを把握することができます!
是非このサイトをご覧になって安心・安全にキャッシングを利用していきましょう!

カテゴリー: 金融 | コメントする

今は女性もキャッシングする時代

かつての女性といえば、20代半ばから後半にかけて結婚する人がほとんどで、キャリアアップの為に生きるという女性はほとんどいませんでした。

結婚がゴールという訳ではないのですが、自分で生活をしていくというよりは、結婚相手を探す為に進学したり、就職したりという女性がほとんどだったと思います。

しかし、最近では男性のように女性も独立していく時代になってきました。
晩婚化が進んでいると言われていますが、今では30歳を超えた独身女性がものすごく増えていると言います。

それと比例するように、キャッシングを利用する女性も昔と比べ爆発的に増えているそうです。少し前までは女性がキャッシングをするというのは、あまりイメージがわくものではありませんでしたが、今では一般のOLなんかも当たり前のようにキャッシングを利用していると言います。

婚活という言葉があるように、やはり女性も30歳を超えると結婚を意識するようになります。そうなれば飲み会や自分磨きの為にお金を遣うようになり、その結果給料だけでは足りないようになってくるようです。

いつの間にか女性も当たり前のようにキャッシングする時代になっていたんですね。

男性の収入がなかなかアップせず、そこに頼ることが出来なくなっている今の時代。女性が頑張らなくてはいけないのも当然のことなのかもしれませんが、日本がまた好景気になり晩婚化や少子化問題が解消するようになっていくといいですね。

ただ、一つ言えることは今の世の中にキャッシングというサービスがあって良かったなということです。正直、キャッシングが無かったらと思うと今の時代って生きていくのは結構大変ですよね…。

…キャッシングしなくても良い時代が来ればもっといいんでしょうけどね。。。

カテゴリー: 金融 | コメントする

本当にそこが最も合っているかを考えよう

CM等の宣伝を見ると、次に利用する時はそこのを使ってみようかなと思う事は誰にでもあり得る話です。

しかし実際に利用してみると、思っていたものとは違うとか自分には合っていなかったという事もあるでしょう。

また同じ物でも別のメーカーの物を使った方が自分には合っていたという事もあります。
これは実は商品等だけに言える話ではなく、キャッシングでも言う事ができます。

よく知っている会社に申し込む方が良いかと思ってしまいがちですが、本当に自分にはその会社が合っているかをよく考えてから選ぶのがおすすめです。

その為、一つの会社だけに決めて何も調べないまま申し込んでしまうのではなく、できるだけよく調べる事が重要となります。

また一社だけでは本当にその会社が最も自分に合っているかどうかは分かりません。
出来れば複数の会社で比較してみましょう。

そうすれば自分にとっては最初は全く候補となっていなかった所でも、実は最も合っているという事が分かる事もあります。

ただ一社ずつ調べるのは大変なので、いくつかの金融機関の情報がまとめてあるサイトを利用するのが便利です。

また大手が良いのか中小が良いのか分からないという人は、自分に最も合っている金融機関を紹介してくれるサービス等もあるので、それを利用してみるのも良いでしょう。

キャッシングは借りる所によって返済総額が変わってしまう事も少なくありません。

なるべく損をしない為にも、どこの会社にするかを最終決定する時は良く比較してからにしましょう。

また審査に落ちそうだと思っている人は、前もって2社位ピックアップしておく事をお勧めします。

そうすれば第一希望がダメな場合、再び最初からキャッシングの会社選びをしなくてもすぐに別の所に申し込めます。

 

カテゴリー: 金融 | コメントする

自動車ローンの注意点

自動車を買おうと思う人はたくさんいると思いますが、その自動車を一括で買おうという方はなかなかいらっしゃらないと思います。

お金に余裕がある方は当然一括現金払いだったりするのかもしれませんが、多くの人は何年かのローンを組むと思います。

雑誌やインターネット、もしくは道を車で走っていると車屋さんに飾ってある車があってそこに値札がありますよね。

「98万円!」

自分が欲しいと思っていた車が100万円を切ってる!
結構走行距離いってるみたいだけど100万円切ってるし買おうかな…。

なんて考えるかもしれません。

しかし、車というのは車体だけの値段ではありません。

納車する際に整備費や車庫証明の取得など色々な諸経費が乗っかります。
この金額がおよそ20~30万円程度です。

つまり、98万円だった車がこの時点で118~128万円になってしまいます。

でも車に乗っている多くの人は車を買うと表示金額に20~30万円くらい乗せられるというこの事実を知っています。

しかし、結構盲点となるのがこの後の車のローンの際に乗せられる金額です。

ローンで買えば当然金利が乗せられてしまうので車の値段はまた高くなってしまいます。とはいっても、キャッシングなんかと違い、車の場合は車という現物があるので最悪返済出来なくなっても車を売却出来ますから、金利はキャッシングに比べて安いです。その金利は年利で大体2~4%の間です。

分割回数を多くすれば多くするほどこの金利は増えていきます。

これを踏まえると、98万円だった車の最終的な金額は130~140万円くらいになってしまうんです。

最初の表示金額から結構上がってしまいましたね…。

車を購入する際はローンのことも考えて計算することが重要ですね。

カテゴリー: 金融 | コメントする

ローンが無かったら現実は意外と厳しい

今、私たちの生活にあたり前のようにあるローンですが、もしもローンというシステムが無かったらというのを考えたことがあるでしょうか。例えば、住宅ローンですが、これはローンが無かったらなかなか買えるものではありませんね。よく35年ローンなんて言いますが、それだけ長期間にしないと買えないようなものはローンが無かったらまず買うことは無理でしょう。もう少し敷居が低いものに車のローンもありますが、こちらもなかなか一括では買うことが出来ないと思います。

ローンは単なる分割払いではなく、その分の借金を売った側が背負っているものですから、売った側としてはなかなかリスクがあるものだと言えると思います。その分金利手数料として少し金額が高くなりますが、その便利さを考えればとても良心的だと思いませんか?

また、これはかなり個人的な感覚なので賛否両論分かれるかもしれませんが、ローンを組むことで毎月の支払い義務が生まれる訳ですから、その分責任を感じて仕事にハリが出たりすると思います。ローンの為に仕事をしなきゃ…ではありませんが、その支払い義務が仕事をしようと背中を押してくれるような気がします。

また、高い買い物は現金ではなかなか買うことが出来ませんよね。30万円の時計をいざ買おうと思い30万円用意してみると…その30万円が一気に無くなってしまうのが急にもったいなくなってしまい買うことをためらってしまうと思います。ローンだとそういう感覚はあまりありませんから、高い買い物も踏ん切りがつきやすいと思いませんか?

ローンは私たちの生活を豊かにしてくれる本当に素晴らしいシステムだと思います。

今では当たり前にあるローンですが、
もしもローンが無かったらあなたの身の回りはどうなっているか、
一度考えてみると良いかもしれませんね。

結構ローンに救われているということが分かると思いますよ!

カテゴリー: 金融 | コメントする

年金受給者にオススメのローン

よく年金を貰っている人はローンを組むことが出来るのか?
という質問をされている方をネット上で多く見掛けます。

年金受給者は年金とはいえ、
安定した収入が見込める訳ですから当然ローンを組むことが出来ます。

しかし年金受給者にオススメのローンは通常のローンではなく、
「国民生活金融公庫」というところになります。

ここでは年金を担保に融資を申し込むことが可能となります。

メリットとしては…

年金を担保にするから確実に借りることが出来ます。
年利で1.6%と金利がかなり安い。
返済は年金から天引きされる。

デメリットは…

年金受給額(年額)の1.2倍までしか借りることが出来ない。

と、メリットとデメリットを挙げてみましたが、
年金受給者は民間企業でローンを組むよりも、
断然こちらでローンを組んだ方がお得と言えるでしょう!

ただ、実際に利用者が多いかと言うとそうでもないようです。

年金暮らしされている方はのんびりとマイペースに生きていらっしゃる方がほとんどですし、年金を貰う前に退職金などで大きなお金が入ってきている方がほとんどですので、国民生活金融公庫の利用はそれほど多くはないと言われています。

とは言っても年利1.6%という低金利はかなり魅力的ですよね!

もし親族の方で年金受給者の方がいたら、
お願いして借りてもらっても良いと思いますよ!

但し、金の切れ目は縁の切れ目です!
親密な関係がある方とのお金の貸し借りはくれぐれも慎重にお願い致します。

カテゴリー: 金融 | コメントする

低金利ローンの時代

本日、優良業者に限り年利を引き上げる金利規制緩和案を自民党が検討するようになったようですね。現行の20パーセントから29.2パーセントに引き上げる案らしいです。

これには賛否両論あると思いますが、お金を借りたい人が借りれないという状況を打破するものであるのでしょうね。

現在はグレーゾーン金利の撤廃により低金利ローンの時代ですからね。
お金を借りる契約をするのなら今のうちにカードローンを契約しておいた方が良さそうですね。

金利が上がる前に金利の安いカードローンを作っておけば金利が上がったとしても現在の低金利でお金を借りることが出来ますからね。

あと29.2パーセントに引き上げるのなら総量規制も撤廃しないと行けないですね。
総量規制がある限りお金を借りたい人が年収の3分の1までしか借りれない状況が続くことに変わりないですから。

お金を貸す側としても金利を引き上げることが出来れば貸し倒れが起きたとしても上げた金利分でカバーできますからね。

あと金利を引き上げて総量規制を撤廃するのならより多重債務者を保護する制度を用意する必要性があります。結局多重債務に陥った人が違法な業者に走るという傾向が昔も今も変わっていないですから。

経済活性化のためには金利を引き上げてもお金を借りれる環境を整えることは賛成です。
もちろん多重債務に陥った時の対策をしっかりと練ることが大前提ですが。

まぁ遅かれ少なかれ金利の引き上げ案が浮上することを想定していましたが意外と早く現実化するかもしれません。

まだカードローンを作っていない方はお金をすぐに借りる予定が無い場合も万が一のために早めにカードローンを作っておくことが得策かもしれません。

カテゴリー: 金融 | コメントする

ローンと共に生きる

友人でこんな人がいる。
住宅ローンと車のローンを抱えている友人である。

その友人は奥さんがいて、子供が2人いる。
仕事も最近役職に就いたらしくすこぶる順調だ。

一見幸せそうに見える彼の家庭だが、
果たしてそうだろうか。

ローンと聞くと聞こえは良いが、
いってみれば借金である。

車と家を買う為に借金をしているのである。

仕事が定年まで続けることが出来れば良いが、
役職に就いたからと言って生涯仕事が約束された訳ではない。

仮にこんな状況で会社が倒産し、露頭に迷うようなことがあれば一家は一気に地獄へと落ちてしまうのである。

ローンと共に生きていくということは本当にリスクの高いことだと思う。
考えれば考えるほどそう思う。

どんなに安定している企業であっても、
民間企業なら潰れてしまう可能性があることを忘れてはならないと思う。

昔から公務員は安定している…というのはまさにこれだ。
公務員がローンを組むことについては全く何もリスクがないと言えると思う。

そういう意味では、多少給料が少なくともローンという仕組みがあるのだから、やはり安定を求めるべきなのではないかと最近では思うようになった。ちょっと前までは公務員なんて夢のない仕事だ…なんて思っていたが、今こそ公務員の安定感はストレスなく生きていく夢のある職業ではないかと思えるようになった。

いつ何がどうなるか分からない時代…。
友人もせめてローンを返し終わるまでは安泰した暮らしであるといいが…。
そればかりは分からない。
いや、むしろ今の経済状況を考えるとそれは難しいことなのかもしれない。

家族を生涯守っていくというのは、
この時代本当に難しいことだと思う。

夢のない世の中になったものだとつくづく思う…。

カテゴリー: 金融 | コメントする

ローンがあるから生きていける…

もうすぐ消費税が8%になります。
100円のものを買うと8円、1000円のものを買うと80円も税金を取られてしまいます。

大人も子供も、金持ちも貧乏もまったく平等の消費税…。
どうなんでしょうか。

国の借金が900兆なんて言われている中、
消費税を引き上げるのは当然のことかもしれません。

しかも、先進国の中で見れば我が国日本の消費税は安い部類に入ります。

例えばスェーデンやデンマークの消費税率はなんと25%…。
ものすごく高いです。ですが、医療費は無料だったりして国民の福利厚生が非常に厚いです。

また、イギリスも17.5%とものすごく高いですが、
食品に対する消費税率が0%とこの辺をしっかり区分しています。

これで感じるのは、なんか他の消費税率が高い国って政治がしっかりしている感じがしますよね。

日本の場合は行き当たりばったりで先のことを考えずに、
ヤバくなったら引き上げるような感じがします。
国民を騙し騙しって感じもしますよね。

8%というのも10%にする布石とも言われています。

だったら一気に10%にして医療を無料にしたり、
メリットも提示して欲しいものですよね。

この辺りが日本の政治がなんとなく卑怯に感じる所以なのかもしれません。
そう感じている国民は多数いるかもしれませんが、
結局のところ仕方ないで終わっているかもしれませんね。
どうもやるせない気持ちです。

そんなこれからの時代、本当にローンという制度というかシステムがあって良かったと思います。

これが無かったら私のような貧民は何も出来ませんからね。
本当にただ生きているだけのような感じでしょうね。

家も車もなんなら大きなテレビすら買えないですよ…。
経済大国と言われる日本に住んでながらローンがなければ大きな買い物が出来ないというのもなんだかな~って話です。

これからもローンはどんどん活用していきたいですね。
キャッシュローンなんかも実は非常に便利です。

なにはともあれ、人生楽しんだ方が勝ちですよ!
…と私は思います。

カテゴリー: 金融 | コメントする